近年の看護師不足について

近年、看護師の人手不足は深刻化してきています。看護師の方が多く働いてくれるようにと医療機関や施設側も待遇の改善を行ったりと努力をしているのですが、給与などをUPさせるということには、経営にも関わりますので頭を悩ませているようです。看護師が不足をしている理由としては、肉体労働であるということが大きな原因ではないかと考えます。

 

日本では数年前から高齢化が進んできており、医療機関を訪れる方がおおくなってきているのです。そうなると、医療機関で働く看護師の数も必要になり、需要と供給が追いつかず、結果的に看護師の人手不足となってしまっているのです。最近では1人でも多くの看護師を雇い入れようと、積極的に転職者の採用も受け入れているようです。医療機関だけでなく老人介護施設でも看護師の需要があります。

 

介護施設では、医療行為というものは行われていないのですが、介護福祉士だけではなくやはり医療に精通をした看護師を施設の経営者側は求めているのです。介護医療施設では、投薬や点滴などの医療行為が行われていますので、看護師が働くのは当然のことです。看護師はさまざまな施設で需要があり、施設側が求めている看護師の数が見つからないというのが現状なのです。

 

看護師の資格を持っている方の中でも、特に介護の経験があるという方は、施設側が最も求めている人材ですので、引っ張りだこになること間違いなしだと思います。これから先も高齢化は進んでいくと予想されますので、ますます看護師の活躍の場が広がっていくでしょう。