患者に近い立ち位置で患者の看護を請け負う存在

患者の立場で看護師と接する場面というと、やっぱり病院です。

病気や怪我で病院に行くと、まずは看護師さんに最初の処置をしてもらうケースは多いと思います。血圧測定やちょっとした注射などを看護師さんに施してもらった経験を持つ方は多いはずですから、これまでに全く看護師さんの仕事に触れたことがないという方はほぼいないのではないでしょうか。

 

病院によっても違いはあると思いますが、看護師はとても患者に近い位置に存在していることが多いです。直接患者に対して医療行為を行うのは医師が基本ですが、看護師は患者と同じ目線で看護を行うのが基本だと言えると思います。患者側も、医師よりも看護師の方が身近な存在に感じ取りやすい傾向があり、場合によっては医師以上の信頼を置くケースもあります。

 

看護師は勤務する科目によって仕事内容が違います。しかし、患者に接するという点ではどこの科目でも同じです。
そして、看護というのは、決して医師に指示されたことだけを機械的に行うものではないのです。人と接することで病気や怪我に打ち勝という気持ちを強く持てることだってあります。看護師は、医師だけではどうしても手が回りきらないそうした部分までケアするとても重要な存在です。患者が安心して医療行為を受け入れる為に、看護師は必要不可欠なのです。